口コミやあらゆるスペックなどから本当に安いプロバイダを見つける!

当サイトは、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダーとWiMAX自体の特徴などから口コミ評判などすべてを踏まえて比較しています。

当サイト管理人の私がさまざまなネット回線を使いこなしてきた経験を踏まえた上での本当のメリットデメリットを掲載していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番重視するべき点というのは表面上の月額料金や得点の多さやキャッシュバックではなくて、すべてを総合的に考えたときの実質的な総支払合計です。

一番おすすめのプロバイダはダントツで「VISION」

現時点で一番おすすめできる最強のプロバイダはVISIONです!なぜおすすめなのかのメリットを並べましたのでご覧ください。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,WiMAXの端末が翌日発送してもらえる

4,最新のWiMAXの端末が最安で使える

5,乗り換え費用を負担してもらえる

上記のポイントを簡単に説明すると、キャッシュバックが豊富で、端末も無料で使えて、実質的な月額料金がとにかく安く使えるというメリットがあります。

キャッシュバックも、VISIONは受取までの期間は翌々月となっていて確実に受け取ることができます。

通常料金が元々安い、VISIONは他社からの乗り換えで解約料や違約金を代わりに支払ってくれます。

以上のようなことから、他の回線業者の期間が満了していないのにもかかわらず、すぐに乗り換えても損しないような仕組みになっています。

どういう視点でプロバイダーを選べばいいのか?

WiMAXのプロバイダは大手のものだけでも10個以上はあります。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの宣伝方法は以下のような内容でどこがどう違ってどこが一番メリットがあるのか調べるのは難しいですよね。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXプロバイダは大きいものから小さいものまで合わせると30社以上合って、いろいろな手法を使って利用者を集めようとしています。

プロバイダがお客さん集めに奔走している方法はいくつかのパターンがあるのですが、どの業者が一番お得かなんて初心者の人からしたら絶対にわからないと思います。

プロバイダの売り文句のどこをどう見て何を基準に選び抜けばいいのかわかりにくいと思うので、その選び方や根拠となる考え方を解説していきたいと思います。

WiMAXのプロバイダーを選ぶときに一番見るべきポイント!

WiMAXを選ぶときに最大のポイントは契約期間内でかかる実質的な総額です。

実質的な総支払合計金額というのは、契約期間内における支払総額です。

キャッシュバックやその他の特典などがあれば、月額使用料から引かれて、実質的な月額料金が割引されるという計算になります。

WiMAXを契約するときの事務手数料や端末代にかかった金額は、もちろん実質料金に加算されます。

実質的な月額費用は次のような計算になります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法をあらためて計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

以上のようにプロバイダごとに月額料金や契約期間や端末のレンタル料金などが変わってきます。

なので、本当に得するかどうかは上記のような計算で合計金額を出してみないとわからないのです。

上記の比較表を見てもらうとわかりますが、UQとGMOとくとくBBではなんと毎月1000円くらいも月額料金が違ってくるのです。

以上のようなことを踏まえると、なんと3年契約だった場合は、実に3万6千円も損得の開きがあります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

コスパ的にはギガ放題がおすすめ!

ギガ放題プランと普通のプランとでは何が違うのかというと、通信制限の有無になります。

ギガ放題なら月間の通信量制限はなくて使い放題ですが、通常プランなら月間の通信制限が7GBとなっています。

ちなみに、通常プランと呼んでいるものはライトプランなどともいわれているので、プロバイダによって名前が違いますので注意しましょう。

WiMAX本家のUQではギガ放題のみに移行しつつあります。これからはギガ放題プランのみに統一されていくことも考えられます。

当サイトのページ下部でも解説していますが、2021年から提供開始された5Gという次世代のWiMAXもあります。

WiMAX+5Gというサービスはギガ放題プラスとも呼ばれていて、5G専用のプランとなっています。

WiMAXに入会するときはギガ放題プラスはギガ放題とか通常プランとかとは違うので注意しましょう。

表でも示していますが、5G時代やWiMAXの工場もあって、youtubeなどの動画配信サイトやアプリの技術向上によって少し前よりもデータの通信量は圧倒的に多くなっている傾向にあります。

なので、データ通信の総量というのは、htmlのみで構成されたページなどを読み込むことはほぼありませんので、無制限であればあるほどいいといえるでしょう。

以上のようなことから、金額で気にも通信制限的にもギガ放題プランの方がダントツでおすすめですね。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいうと費用を極力抑えたい人はWiMAXすら使う必要もないと思います。

WiMAX以外にも、家の中でも外出先でもどこでも通信できるモバイル通信サービスというのはいくらでもあるので、安いところを選びましょう。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

月額料金に関してはたった1000円くらいしか変わりませんが、1000円出して得られるメリットとしてはものすごくあると思います。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホはあらゆるアプリが駆動しているから通信量がかさんでいく

2,毎月の制限量があると精神的ストレスがかかる

3,毎月の制限を超えた場合は小さい転送量で耐えるしかない

通常プランは3日で10GBですが、5Gのプランは3日で15GBとなっています。

なので、WiMAXの3日で10GBの制限が気になる人は5Gのプランに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うにはどうしても端末が必要になってきます。基本的にはどのプロバイダ経由でWiMAXを契約したとしても選べる端末装置は同じとなっています。

このプロバイダ特有の端末が用意されているということはありません。

いろいろなプロバイダがありますが、選べる端末数は数種類あります。ですがどういう性能を持っていてどういうメリットがあるかわかりにくいものです。

プロバイダの中でも何種類か選べるモバイルルーターで現時点で一番おすすめなのがW06という機種です。

WX06という名前が似た機種がありますが、バッテリーが長持ちなのでW06の方が個人的にはおすすめできます。

モバイルルーターなどの端末はすべてのプロバイダで無料となっています。

プロバイダー契約ではなくてUQWiMAXそのもので契約しようと思ったら端末代として1万円以上取られるので注意しましょう。

最近ではWiMAXのユーザーがプロバイダーの乗り換えで以前の端末をそのまま使用するので、WiMAX専用のSIMだけの提供も開始されています。

近年登場したばかりのモバイルルーターというのはバッテリーも大容量で、通信性能も安定していて、ずっと使い続けたいような構成のなものばかりなので、SIMだけもらって本体は使い続けたいという心理も納得です。

とはいっても、一つの端末を長年使用し続けていると、バッテリーの寿命が近づいてきていることもあるので、本体の端末を丸ごと交換してしまうのもありですね。

契約期間が定められている

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

契約期間の途中で解約すると違約金が発生してしまうので、一度2年や3年で契約すると、その年数を経ない限り無料で解約することができません。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

自分が契約したいと思っているプロバイダを選ぶのがいいのですが、契約期間が短いほど割高になってしまうので承知しておきましょう。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

たとえば3ヶ月とか半年しか使わないというような人は、解約期間が存在しないようなプロバイダもあるので、そういうプロバイダで契約するのも一つの手だと思います。

短期契約において、WiMAXを最安料金で利用する方法を参考にしていただくか、短期利用であるならばそもそもとしてWiMAX以外の選択肢も考えられます。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

安定した快適なネットじゃなくてもいいというひとはクラウドSIMなどのWiMAX以外のモバイルルーターもあります。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

こういった現象がなぜ発生してしまうのかというと、顧客獲得争いが起きているからなんです。

たとえばWiMAXのプロバイダーのカシモを見てみると、1ヶ月目が約1400円、2ヶ月目以降は約3600円となっています。

毎月の月額料金だけを見てプロバイダを選んでしまうとこういった、半額以上差があるということにもなってしまいかねません。

もっというと、プロバイダーというのは2年や3年の契約期間があるので、その期間分の支払合計を見てみる必要があるのです。

競合他社をすべて含めて本当の安さを比較しようと思ったら、契約期間の月額料金から、特典の割引サービスなどを引いた本当の月額料金を割り出さなければなりません。

各社のプロバイダーのぱっと見の月額料金を見て一番安いと判断するのはもったいない決断です。

上記の項目で解説してきたように、月額料金とキャッシュバックや割引などをすべて合計した実質的な月額を考えて選ぶのが一番最善策です。

当サイトでは、一般的な月額料金から毎月の割引サービスやキャッシュバックなどの値引きを考慮した上での月額料金で算出しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

確実に受け取れるキャッシュバックにしよう!

WiMAXのプロバイダーはほとんどすべてといってもいいくらい、お客様にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックを用意しているWiMAXプロバイダーの口コミで、キャッシュバックの申請手続がめんどくさくて受け取れなかった…なんていうものもありますが、そういうのは一部の悪質なプロバイダーだけです。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

マイページにログインしてプロバイダーの画面からすぐにキャッシュバックキャンペーンの振り込み申請ができるなど簡単にできるようになりました。

最近主流だったキャッシュバックキャンペーンに打って変わって、月額料金を割引するようなプロバイダーが増えています。

キャッシュバック分を月額料金から値引きすることにより、お客様が申請手続をする必要すらなくなりますし、メリットだらけになります。

とはいうものの、キャッシュバック5万円!みたいに訴求することにより顧客獲得につながりやすいので、月額割引よりもキャッシュバックキャンペーンに力を入れているところもたくさんあります。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

WiMAXを契約する前にキャッシュバックの受け取り方法について解説しているのでご覧ください。

なお、キャッシュバックの受け取り時期も短くなっています。

簡単に説明すると、今まではキャッシュバックを受け取るまでに半年や1年以上経過しないともらえなかったのですが、契約が完了してから2ヶ月後に振り込まれるようなプロバイダも増加傾向にあります。

こういうサービス精神の工場というのは、契約したお客さんもキャッシュバックを受け取り忘れにくいというメリットがあります。

上記のように、顧客満足度を考えてサービス性を向上させているプロバイダーも中には存在しているので、そういうプロバイダーを選べばいろいろなメリットを手に入れられるでしょう。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXの月額料金を比較!実質的な費用が安い順番にランキングにしているので是非ご覧ください。

以下の比較ランキングは、一番メリットが多いギガ放題プランで算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによって、一ヶ月目の月額料金と、二ヶ月目以降の月額料金が倍以上開きがあるということもありますので、2年契約において総支払額がどれだけ安くなるかがカギとなっています。

当サイトでも解説してきたように、毎月の月額支払料金をきちっと計算した上で、各種割引やキャッシュバックをくわえて、本当の月額料金で比較しましょう。

ちなみに、1年契約よりも2年契約の方が総額は大きくなりますが、毎月の料金に換算してみると長期の2年や3年の方が安くなるので、総額が安ければいいというものでもありません。

ですが、短期間しか利用しないような人は、あらかじめその期間内で契約しましょう。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXプロバイダー比較表を踏まえて、最新の一番お得なプロバイダーを紹介したいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場しているビジョンという株式会社が運営営業している、昔からある会社です。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件ありで解約金無料

2,月額値引きで実質的な月額が安い

3,端末が届いた最初の月は無料になる

4,事務手数料無料

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンや月額割引など競合他社を引き離すほどのキャンペーンが充実しているプロバイダーです。

WiMAXの端末はもちろん無料で、ギガ放題プランも通常プランも実質的な月額料金が業界最安となっています。

なんとGMOとくとくBBは本契約をしても20日内であれば端末を返品して解約することもできます。

さらに、WiMAXの端末を即日発送してくれるというユーザビリティーの高さがあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,キャッシュバックか月額割引を選べる!

2,キャッシュバック金額は約3万円

3,月額値引きを適用するとギガ放題プランで月額2849円

4,20日以内ならキャンセルできる

5,端末の当日発送対応!

第3位 カシモ

WiMAXのプロバイダー「カシモ」は回線開通後の初月利用料が1380円で使えるのでおすすめです。

キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、2ヶ月目以降もギガ放題プランが3610円でずっと使い続けられます。

また、WiMAX端末の当日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目1518円、2ヶ月目以降は3971円

2,初期費用が安めになっている

3,WiMAXのモバイルルーターを即日発送

4,U-NEXTのシネマ見放題プランが1ヶ月目だけ無料

第4位 DTI

DTIの一番のメリットとしては、回線開通後は2ヶ月間は無料で使えるところです。

初期費用を抑えたいという人にはメリットが大きいのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEのメリットといえばなんといっても1年という短期契約が可能なところではないでしょうか。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXを契約してから利用開始までの流れ

WiMAXの申し込みから回線が開通するまでの流れは、どこのプロバイダーで契約したとしても同じ流れとなっています。

1,プロバイダーのサイトで申し込みボタンをクリックする

2,WiMAXのプランを選択します。ギガ放題プランと通常プランがあります。

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,次に名前や住所や電話番号などの個人情報を入力します。

5,WiMAXで支払う方法を入力。クレジットカード番号など。

6,WiMAXのモバイルルーターが3,4日で届きます。

簡単に説明すると上記のようなステップを踏んでいくことになり、実に申し込んでから1週間もかからずにインターネット環境を手に入れることができます。

開通工事なんて不要で、1週間もかからずにネット環境を手に入れられるという利点はWiMAXにしかありませんし、なにものにも代えがたいものだといっても過言ではありません。

ちなみに、UQの店舗で契約すれば即日使うことも可能です。

家電量販店でWiMAXを契約すると損する理由

家電店でWiMAXの申し込みをするのはおすすめしません。なぜかというとあらゆる面で得しないからです。

家電量販店で申し込みをしてもキャッシュバックなどはほとんどなく、あえてそこで契約する必要もないかと思います。

人気の得するプロバイダーと家電量販店の実質月額料金の比較表を見てみると圧倒的に違うのがわかると思います。

当サイトでも解説してきたように、WiMAXの回線自体はどこのプロバイダーから契約しても変わらないので、キャンペーンなどを活用して実質的な月額料金がとにかく安くなるようなところから契約するべきなのです。

家電量販店から申し込んだとしても、特有のメリットなどはほぼありません。

10年くらい前までは、WiMAXをその店舗で契約すると、そのお店の割引券などがもらえていたりした時期もありました。

ですが、そういった特典は現在はほとんどなくなってしまい、家電量販店で契約するメリットはほとんどありません。

なお、家電量販店のサービスはUQ本家と全く同じサービスとなっているので、月額料金はUQと同じです。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

一部のネット上の回線比較サイトなどでは、家電量販店のメリットとして対面での説明があるからいいみたいなことを書いているところもありますが、店員にそれほど詳しい人なんていないのが実情です。

知っていたとしても上っ面の知識しか持っていないので、その場で解説を受けたとしても自分で調べてみた方がいいですね。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXの実店舗があることを知っている人は数少ないと思います。格安のスマホを販売しているUQモバイルの店舗があります。

もちろん、UQWiMAXの契約をすることもできるので、電器屋さんのように店員と対面で詳しい話を聞くこともできます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQ店舗の店員がいろいろな解説をしてくれるというメリットはありますが、月額料金が特別安くなるなんていうメリットはありません。

まず大前提としてUQWiMAX自体がプロバイダーとして活躍していないので、お得な割引キャンペーンなどをほとんど実施していないのです。

たとえばですが、一番人気のプロバイダーとUQを比較してみると、実質料金が1年間で1万円以上もの差があるので、5年10年と契約したらそれだけ損失がかさんでいくことになります。

UQのお店のメリットは一応あります

UQスポットのお店で契約したら、WiMAXの在庫があれば家に持ち帰ってその場で塚ことができます。

端末さえあればいくらでもインターネット接続ができるので、早さを最優先している人はUQスポットで契約してみるのもいいでしょう。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

ちなみに、GMOとくとくBBなどではモバイルルーター端末の即日の発送もしているので、届くのは2,3日くらいなので、即日とまではいかないまでもかなり早くネット環境を手に入れられるでしょう。

プロバイダのキャッシュバックを受け取るには?

少数のプロバイダーで行われている、キャッシュバックキャンペーンは基本的に自分で受け取り申請をしなければなりません。

普通はキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには何ヶ月以上などのある程度の利用期間が定められています。なので、その期間を過ぎないことにはキャッシュバック申請の案内が送られてきません。

基本的にはほぼすべてのプロバイダーで、会員のマイページにアクセスして、そのページからキャッシュバックの振り込みの手続きができるようになっています。

プロバイダーの継続利用期間がすぎて、キャッシュバックの申請がとれるようになったら案内が来るのですが、それを見逃さないようにスマホのカレンダーか何かにメモしておきましょう。

WiMAXの速度制限はどういったものなのか?

ここではWiMAXの3日で10Gというデータ通信量の制限について解説していきたいと思います。

WiMAXには通信制限があると思われていますが、実際は3日で10Gの通信制限が行われる時間帯は夕方から深夜までなので、日中はそもそも制限がかかっていません。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

そもそも、ギガ放題プランの制限である10GBというのはどれくらいのサイズかわかっている人はあまりいないのではないでしょうか。

動画で言うと、youtubeのスタンダードな画質で閲覧すると50時間分くらいは見える計算になります。

5分で区切ってあるyoutubeの動画を約600回くらいは見られる計算です。

ですが、最近のyoutube動画は5分区切りのものはあまりなく、10分くらいのものが多くなってきています。

こういうことになると5分の動画だと600回くらい視聴できていたものが、10分になると200回くらいになります。

WiMAX+5Gなら3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ邦題プランよりも5ギガバイトも通信量がアップしています。

WiMAXを契約してみたいけど通信制限は10GBいくかいかないかという人は、5Gのエリアに居住していなくても15GBで使えるようになるので、WiMAX+5Gで契約してみるのもありかもしれませんね。

実際は通信制限なしで使える!

ギガ放題プランは3日間で10GBの通信データ量の制限があると解説してきましたが、月間で換算してみると100GBくらいにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これには裏技というかそういったものがございまして、制限がかかる時間帯は夕方の6時から深夜の時間帯までなので、1日100GB使おうが500GB使おうが、制限がかかるのはこの時間帯だけとなっています。

上記のようなメカニズムなので、やろうと思えばいくらでもできてしまうのです。

WiMAXの3日で10GBの制限がかかってしまったら、スマホのデザリングなどで制限時間を潰せば夜中からまた日中のような高スピードでWiMAXを楽しむことが可能になります。

そもそもWiMAXの通信制限がかかったとしても、1Mbpsもありますから、メールのやりとりやテキストサイトなどは余裕でスマートに閲覧することができます。

とはいっても、毎月のように数百ギガバイトもの通信量をおこなっていたら、WiMAXの回線元に目をつけられて特定の制限をかけられてしまうこともあるので注意しましょう。

WiMAXにつけられるオプションとは

自分自身の必要に応じて次のようなオプション加入を検討してもいいと思いますが、ある程度インターネットになれていたらいらないと思います。

とはいても、初心者用のサポートなどはつけておいて損はないと思います。

ちなみに、次の表はUQで申し込みができるようになっていますが、WiMAXのプロバイダーでも契約が可能です。

オプションによくあるのはセキュリティ系のオプションと、動画や音楽などのエンタメ系のコンテンツになります。

回線系のサービスのオプションは自分で直感的に決めるのがいいと思います。いらないと思ったら余計な出費を抑えられるでしょう。

WiMAXと同時に使うことにより割引されるサービス

WiMAXという回線はそもそもKDDIのグループ会社であるUQが提供しているので、auスマホをお持ちの方は月額料金を割引にできる可能性があります。

ここで解説していくのはauスマートバリューという割引サービスになります。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この割引サービスが適用されるのは、UQモバイルのスマホの料金となります。

auのスマホやガラケーを使っている人なら絶対に加入しておいた方がいいauスマートバリューという割引サービスもあります。

auでのスマホを契約しているときはずっと月額割引が適用されるすばらしい割引キャンペーンになります。

auスマートバリューと呼ばれる割引サービスは、現在auのスマホを使っている人が、GMOとくとくBBをセットで申し込むと、毎月1000円も割引が適用されます。

auで契約しているプランによって開きがありますが、500円から1000円くらいの割引があります。

今現在auのスマホを持っている人はWiMAXを契約するときは必ず使いましょう!

WiMAXの解約料について

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

回線サービスなどはどこでもそうですが、解約料がかからない月というのは決まっていて、これを過ぎてしまうと解約料を取られてしまうので、自分がどのタイミングで解約するかをあらかじめ想定しておきましょう。

次の一覧表は、契約開始を1ヶ月目としたときに途中解約したときの解約金の一覧表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの方法について

いろいろなプロバイダーがあり、それぞれ各社によって違いますが、ほとんどの会社で次のようなものになります。

会員ページから解約手続きor電話による解約手続き

これはWiMAXなどに限った話ではありませんが、プロバイダーを解約するときに必ず他のプランなどをおすすめされます。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

WiMAXは最近流行りのテレワークに使えるか?

スカイプやズームを使ったオンライン会議は自宅から使っている会社員が多くなっています。

在宅勤務だけではなく、カフェで仕事をする人も増えているので、WiMAXがテレワークに活用され始めています。

喫茶店や漫画喫茶や駅などのフリーWi-Fiで接続するとセキュリティの脆弱性からパスワードやIDなどがもれてしまう可能性も否めません。

WiMAXなら誰かの回線を間借りしているわけではなくて、自分のみが接続できる安心なインターネット環境なので、セキュリティ面からWiMAXを検討している人も増えてきています。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

通信速度のそもそもの安定性や速度自体や、通信制限にかからないか、などなどいろいろな懸念材料があります。

以上のようないろいろな要素がありますが、WiMAXを使ったらこれらの問題についてクリアできるかどうかについて解説していきましょう。

WiMAXはそもそもモバイル回線の中で基地局が圧倒的に多くありますので、ある程度の市町村なら安定した接続もできますし、ビジネス利用も使いやすいと思います。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXの利用を検討しているときは、自分の居住エリアをカバーしているかを確認してからレンタルしてみるのも一つの手です。

昨今話題のズームを使った会議をされる人は、モバイル通信の制限が気になる人も多いのではないでしょうか。

なんといってもWiMAXの制限は夕方からの通信制限なので、昼の時間帯のオンライン会議などは制限がかからないと思います。そもそも3日で10GBを使うことなんてほぼないでしょう。

ズーム会議などをやるときも解像度や画角などを小さくしておけば、通信量の増大を抑えることができます。

WiMAXの活用方法にはオンライン会議だけではなくて、ありとあらゆるものがあります。

学生の皆さんは自宅からオンライン授業をWiMAXを経由して受けることもできます。

東進などのオンライン授業を取り入れている学習塾などでWiMAXを使うときも、喫茶店などで外出先から利用することができます。

また他にも、引っ越したばかりで光回線の工事などが終わっていなかったら、WiMAXを使ってその日のうちに高速で安定しているインターネット通信が可能になります。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

ここ最近にWX06というモバイルルーターが発売されましたが、ほとんどW06と変わらないので、W06の方がおすすめです。

モバイル端末を選ぶ時に最も重視するべきなのは下り速度なので、W06の方がいいと思います。

W06の最大の回線スピードは1.2Gbpsですが、この最高スピードはUSBケーブルでパソコンに接続した場合なので、一般的な接続方法だと約600Mbpsくらいとなります。

また、W06の方が回線が安定していて速いので、早さ重視なら断然W06の方がおすすめですね。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXは上記のようなモバイル端末の他にも据え置き型のホームルーターを選ぶことができます。

家で光回線並みの高速インターネット環境を導入したいという人は、ホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

また、アンテナがしっかりと付いているので、モバイル端末よりも安定的に高速通信が可能となっています。

普通はモバイル端末というものは自分の身近に持っておいて、いつでも接続できるようにしておきますが、ホーム端末は部屋のどこかに置いておいて、それを経由してインターネットに接続します。

以上のようなことから、距離が離れていてもアンテナが増強されているため接続しやすくなっています。

今現在一番おすすめのホームルーターは最新のHOME02がおすすめです。

接続面だけではなくて、デザインも洗練されていて、あらゆる面からおすすめですね!

ホームルーターかモバイルか迷っている人は多いのではないでしょうか?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

それぞれのルーターの利便性やメリットデメリットなどについて解説していきたいと思います。

まずモバイルルーターですが、モバイルルーターは家の中でも外出先でもどこでもインターネット環境が手に入れられるということです。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

いろいろなメリットをあげ連ねてきましたが、簡潔に言うとモバイルルーターの方が持ち運びができるのでおすすめです。

モバイルルーターもクレードルを使うことにより、据え置きタイプのように使えるので、2つのホームルーターを兼ね備えているという面もあります。

モバイルルーターで据え置きタイプのメリットをダブルでこなすことができるので、そういう意味でもモバイルルーターがおすすめです。

LTEのハイスピード+エリアモードを使いこなす

WiMAXのLTEオプション接続は、auのLTEのハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXの基地局が足りてなくて、接続が安定しにくいところで使えるモードになっています。

土台として、WiMAXの電波とスマホの電波の接続技術などは違うのですが、auのLTEならWiMAXとつながりやすいという点があります。

auのLTEは800Mhzの電波が使われているので、地方なども含めて回線がつながりやすくて安定しやすいネットワークとなっています。

WiMAXが3年契約であれば、すべてのプロバイダーで毎月1000円が無料で使うことができます。

毎月7GBの制限はありますが、WiMAXでつながりにくい地方などの環境においては、積極的に利用したいものですね。

ですが、LTEで月間7GBの通信量に達した場合は、WiMAX2の制限もかかるので注意しましょう。

実際のWiMAXのスピードについて

WiMAXをこれから契約するかどうかを検討している人で一番気になるポイントの一つにどれくらいの速度がでるかというものがあります。

サイト上ではいろいろなデータを公開していますが、いざ自分が使ったときのリアルな数値がしりたいですよね。

まずそもそも、WiMAXの理論値ですが、だいたい以下のようになっています。

上記のデータを踏まえて実際の速度はどうかということですが、私が使っている速度はだいたい50Mbpsくらいは安定的にでています。

そもそもとして、WiMAXの回線速度はいろいろなファクターに影響されます。代表的なものでいうと、時間帯、地域、端末などがあります。

ですが、WiMAXの基地局は年々利用者が増えていることから、基地局が増設されてきていて、安定性やスピードは上がってきています。

WiMAXと光回線のどちらをとるか?

WiMAXか光回線かどちらが優れているかは自分の目的によると思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分が構築したいネット環境の理想に合わせた回線を選ぶのが一番だといえるでしょう。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXは世界の通信規格にもなっている技術で標準化されています。

WiMAXは英語の頭文字をつなげたものであり、無線環境での高速通信を可能にしています。

そもそもとしてWiMAXは基地局からのラストワンマイルと呼ばれる地域への無線での提供を考えたものだったのです。

WiMAXは日本にしかないサービスだと思っている人も多いかと思いますが、一昔前までは日本以外の国でも使うことができました。

もともとは世界のフォーラムで発表しているようなこともありましたが、次第に日本の独自技術として発展を遂げてきました。

ちなみに、日本以外の国でWiMAXを使うときは、外付けではなくて、ノートPCなどの端末にもとからWiMAXの機能が備え付けられているものしか使えません。

WiMAXと他社のモバイルサービスとの比較

WiMAXと競合するサービスには、ワイモバイルやクラウドWi-Fiなどがあります。

ここでチェックしておきたいのは回線スピードと制限になります。

WiMAXとワイモバイルはさほど変わらない内容のサービスとなっていて、クラウドWi-Fiは用途によっては使い勝手がいいといえます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

他方で、無制限で使えるモバイル環境といわれているクラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、メールやネットサーフィンだけが使いたい人向けといわれています。

インターネット経由でオンデマンドをみたり、高画質の映画を見たりする人は、クラウドWi-FiではなくてWiMAXをおすすめします。

また、クラウドWi-Fiは安いだけあって、サービスが充実していないので、接続障害などが起きやすいです。

手持ちのスマホでデザリング接続するかWiMAXを使うかどっちがいい?

WiMAXを購入しなくても、スマホのデザリングを使えばいいんじゃないかと思っている人も多いと思います。

そもそも論として、デザリングではなくてWiMAXをわざわざ契約するメリットはどこにあるのでしょうか。細かく解説していきたいと思います。

デザリングという機能は、スマホを経由して、携帯電話のネットワークを使ってインターネットに接続する方式です。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングのオプションに加入すると、スマホ自体のネット接続にくわえて、パソコンなどの機器をスマホのデザリングを使ってネットに接続できます。

WiMAXでネットに接続するのと、デザリングでネットに接続するのはほぼ同じだとお考えていいと思います。

デザリングよりWiMAXの方がすごい理由

デザリング経由でインターネットに接続するよりもWiMAXでの方が断然おすすめになります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 スマホはバッテリーなどの観点から使い勝手が悪い。

ポイント3 デザリングをすると費用がかさんでしまうことがある。

以上のようなことから、ゲームやノートパソコンなどを接続するなら、ダントツでWiMAXがおすすめです。

通信データ量を節約したいときは、逆にスマホ自体をWiMAXで接続するというのもありだと思います。

そもそもデザリングはスマホのおまけのような機能なので、どうしても必要という緊急時のみの使用方法にした方がいいでしょう。

WiMAXでも5G接続ができるようになりました

2021年からWiMAX+5Gが開始されて、それにともなってだんだんプロバイダーが増えていっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

+5Gのこのスピードは、現行の2+の倍以上のスピードになっています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gの料金は通常プランと比べて高いのか?

WiMAX+5Gの料金プランはUQにおいて最初のキャンペーンを利用すると、2年契約で毎月約4300円で利用できるようになっています。

WiMAX+5Gなのにも関わらず、WiMAX2とほぼ同じ料金で使えるのは、サービスが開始されて間もないので割引が豊富だからでしょう。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAXの5Gは出たばかりだけど端末は使いやすいのか?

WiMAXでは5G専用の端末が用意されています。

現在はモバイル端末のサムスン製のSCR01というものと、ZTE制のホーム据え置きタイプのものがあります。

まだまだWiMAX+5Gはサービスが開始されたばかりですので今はまだ少ないですが、これからはどんどん新製品が投入されていくことが期待されます。

サムスン製の端末については重さやサイズ感は現在のWiMAX2とそんなに大差ありません。

5Gのデメリットとしては、端末代を分割などで買わなければいけないので、毎月の月額料金がかさんでしまうという点があります。

5Gは3日で15GBに設定されている

現在のWiMAXは3日で10GBの制限はありますが、1ヶ月単位での制限はありません。

WiMAX+5Gでは月間のでの縛りはなく、WiMAX2と同じ制限となっています。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

また他にも、+エリアモードとしてLTEの月間制限が7GBから15GBに8GBもアップしています。

制限が適用される時間帯も、WiMAX2と同じく夕方六時から夜中の二時までとなっています。

昼の時間帯などには制限がかからないので、在宅勤務でのオンライン会議などには最適なツールだと思います。

実際のところ5Gの通信速度はどれくらいなのか?

WiMAX+5Gのダウンロード理論値は、最大で2.7Gbpsとなっていますが、WiMAX2より相当早いスピードです。

WiMAX2のモバイル端末のW06は最大で1.2Gbpsとなっていますが、これは最大値です。

一般的な接続方法でWiMAX2をモバイル端末で接続すると約700Mbpsくらいだといわれていますが、これに比べるとWiMAX+5Gの速度がとんでもない高スピードだということがわかりますね。

現行のWiMAXと5Gでは何がどう違うのでしょうか

WiMAX+5Gと現行のWiMAX2ではどこがどう違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、回線速度が圧倒的に速くなったところではないでしょうか。

現在のWiMAXの最大ダウンロードスピードは1Gbps前後くらいですが、WiMAX+5Gは2Gbpsくらいとなっています。

料金プランはUQではほぼ同じ価格となっていますが、モバイルルーターの料金が5千円くらいアップしているので、実際はその料金分だけ高くなるという計算になります。

5Gバージョンの月額料金も比較してみました!

WiMAXの本家本元のUQ以外のプロバイダーがどれくらい+5Gを提供しているのかというと、まだまだというところですね。

各社プロバイダーの料金などを一覧表にまとめましたので是非ご覧ください。

UQと同じような料金プランで提供しているところに、ビックカメラやエディオンやヨドバシカメラなどがあります。

次の表は、表面上の毎月の支払額だけではなく、割引などを使ったあとの、実質的な金額を表示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

+5Gで一番得して月額料金が安いプロバイダーとは

WiMAX+5Gを提供しているプロバイダーはまだまだ少ない方ですが、次のようなプロバイダーがあります。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはいろいろな割引を使うことにより業界最高クラスのお得さで利用できます。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

ちなみに、UQや家電量販店でWiMAX+5Gを契約すると端末代金が高くなりますね。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはトライWiMAXというお試しサービスがある

トライWiMAXは契約する前に、WiMAXの端末を2週間くらい無料で使えるレンタルサービスです。

WiMAXはほとんどのプロバイダーで2,3年くらいが契約年数になっています。

なので、一旦契約してしまうと解約期間に達しないまま解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

大手の電話会社みたいに100%つながることが保証されているわけではないので、試しに使ってみるのもありですね。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,近くに高層マンションが建っているから本当につながるか不安な人

2,本当に高速通信ができるのか試してみたい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

なお、GMOとくとくBBの場合でも、トライWiMAXと似たような仕組みがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら解約できるので、回線が安定しなかったとか高速通信ができなかったという人は返品してもいいのです。

GMOとくとくBBなら満足な通信が確保できたのであれば、そのまま契約し続けてもいいですし、約3週間もあるので十分にお試しする時間があります。

法人での契約はできる?

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

まず1つめは申し込みから契約です。2つめの違いはキャンペーンの中身です。3つめの違いは支払い方法の違いです。

最初の契約の流れとしてほとんどのプロバイダーで次のような契約の流れがあります。見積もりから申し込み、契約、支払い方法選択。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

また、個人契約と法人契約では窓口が違うので、法人で契約しようと思ったら、法人の窓口から申し込まなくてはいけません。

申し込みが終わったら、契約をして支払をします。モバイル端末を発送してもらう時期などはほとんど同じです。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人契約のキャンペーンはWiMAXのプロバイダーによって違いがあります。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

キャッシュバックキャンペーンが用意されていない代わりに、法人専用の月額割引が用意されているので、安く契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

法人契約での支払い方法と個人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっています。

法人での支払い方法は口座振替などもあり、多彩な支払い方法が用意されています。

WiMAXの総評

WiMAXについて当サイトでは、選び方から料金プランから、あらゆるメリットデメリットについて検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

一番最後にまとめとして、当サイトが一番最強におすすめしている、最優秀にお得なプロバイダーを掲載しておきますので、検討している人はぜひ申し込んでみてください。

あらゆる点を考慮して一番おすすめは「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

なぜVISIONがここまでおすすめなのかは次のようになります。

1,表面的な月額ではなく、実質月額が一番お得!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最先端の端末が最安か無料で利用できる!

4,競合他社から乗り換えがお得

メリット

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 端末が届いた月の端数が無料

ポイント3 解約金が無料!

[487行目]

[488行目]