口コミやあらゆるスペックなどから本当に安いプロバイダを見つける!

当サイトは、本当にすばらしくて得する特典が盛りだくさんでつけられているプロバイダを比較しています。

インターネット黎明期からさまざまな回線を使いこなしてきた私が、WiMAXの本当のいい点と悪い点をいろいろな切り口から比較していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダによってネットの接続方法や回線速度や安定性などの仕方が違うということはありません。

一番重視するべき点というのは表面上の月額料金や得点の多さやキャッシュバックではなくて、すべてを総合的に考えたときの実質的な総支払合計です。

一番おすすめのプロバイダはダントツで「VISION」

今現在一番おすすめのWiMAXプロバイダはVISIONというプロバイダです。なぜおすすめかというと以下の点があげられます。

1,キャッシュバックなどを使うと実質的な月額料金が業界最安料金になる

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,端末をすぐに発送してもらえて回線が使えるようになるまでが早い

4,最新の端末が無料で使える

5,乗り換え費用を負担してもらえる

WiMAXを初めて使うという人には上記の理由はわかりづらいかと思いますが、簡単に説明すると業界最安で使えて、端末が無料というところが一番のポイントになります。

キャッシュバックキャンペーンの受取も翌々月となっていて、すぐに忘れることなく確実にキャッシュバック金額を振り込んでもらえます。

通常料金が元々安い、VISIONは他社からの乗り換えで解約料や違約金を代わりに支払ってくれます。

以上のようなことから、他の回線業者の期間が満了していないのにもかかわらず、すぐに乗り換えても損しないような仕組みになっています。

WiMAXプロバイダーの選び方のコツとは?

WiMAXのプロバイダは大手のものだけでも10個以上はあります。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの宣伝方法は以下のような内容でどこがどう違ってどこが一番メリットがあるのか調べるのは難しいですよね。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXプロバイダは大きいものから小さいものまで合わせると30社以上合って、いろいろな手法を使って利用者を集めようとしています。

プロバイダがお客さん集めに奔走している方法はいくつかのパターンがあるのですが、どの業者が一番お得かなんて初心者の人からしたら絶対にわからないと思います。

プロバイダの売り文句のどこをどう見て何を基準に選び抜けばいいのかわかりにくいと思うので、その選び方や根拠となる考え方を解説していきたいと思います。

プロバイダーを選ぶときに一番見た方がいい箇所とは?

WiMAX選びにおいて最大に見るべきポイントというのは表面的な月額料金でもなく、ルーターの無料レンタルでもなく、キャッシュバックの総額でもなく、実質的な月額料金です。

実質的な支払額というのは、契約期間内に発生する毎月の月額料金になります。

キャッシュバック金額などが多ければ多いほど、月額料金から割引されて、契約期間内の月額料金が安くなるという計算です。

WiMAXを契約するときの事務手数料や端末代にかかった金額は、もちろん実質料金に加算されます。

実質的な月額費用は次のような算出方法で計算されます。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法をあらためて計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

以上のようにプロバイダごとに月額料金や契約期間や端末のレンタル料金などが変わってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

以上のようなことを踏まえると、なんと3年契約だった場合は、実に3万6千円も損得の開きがあります。

WiMAXの主なプロバイダについて毎月の実質的な金額を計算してみた表が以下になります。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題プランと通常プランでは何が違うのか?

ギガ放題プランと普通のプランとでは何が違うのかというと、通信制限の有無になります。

ギガ放題なら月間の通信量制限はなくて使い放題ですが、通常プランなら月間の通信制限が7GBとなっています。

ちなみに、通常プランと呼んでいるものはライトプランなどともいわれているので、プロバイダによって名前が違いますので注意しましょう。

WiMAX本家のUQではギガ放題のみに移行しつつあります。これからはギガ放題プランのみに統一されていくことも考えられます。

後ほど解説していきますが、2021年の4月から開始されてWiMAX+5Gという、現行のWiMAXよりも高速通信が可能な接続サービスが存在しています。

WiMAX+5Gというサービスはギガ放題プラスとも呼ばれていて、5G専用のプランとなっています。

通常プランとギガ放題プランとも違っているのでプラン選びをするときは注意しましょう。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

上記のようなことから、データ通信量というのは、動画サイトなどの発展などから考えると上限がなければないほどいいと思います。

以上のようなことから、金額で気にも通信制限的にもギガ放題プランの方がダントツでおすすめですね。

とはいっても、なるべく月額料金を少なくしたいという人や、メールだけしか使わないという人は通常プランでも十分でしょう。

さらにいってしまうとWiMAXですらなくてもいいとまでいえるでしょう。

クラウドSIMなどWiMAXと同じ目的で使うことができるWi-Fiサービスがたくさん登場しているので、とにかく安いサービスを契約すればいいと思います。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

ギガ放題と通常プランでは1000円程度しか変わりませんが、1000円でこれだけのメリットを享受できるのですからお得すぎるといえるでしょう。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホはあらゆるアプリが駆動しているから通信量がかさんでいく

2,月間制限があると精神的につらい

3,毎月の制限を超えてしまうと低いスピードでしかネットができない

通常プランは3日で10GBですが、5Gのプランは3日で15GBとなっています。

なので、WiMAXで通信制限が気になる場合は、WiMAX+5Gのエリア範囲内に入っているかかかわらずギガ放題プラスに入ることもできます。

端末は何を選べばいいのか?

WiMAXを利用するためには端末が必要になってきます。どこのプロバイダでWiMAXを契約したとしても基本的には選べる端末はほとんど同じです。

ここのプロバイダでしか選べない端末というものは存在しません。

いろいろなプロバイダがありますが、選べる端末数は数種類あります。ですがどういう性能を持っていてどういうメリットがあるかわかりにくいものです。

現在一番おすすめなのがモバイルルーターのW06になります。

WX06という似たようなモバイルルーターもありますが、通信スピードの快適性などからW06のほうが一枚上手ですね。

モバイル端末の料金については、ほとんどのプロバイダでどれを選んでも無料となっています。

プロバイダー契約ではなくてUQWiMAXそのもので契約しようと思ったら端末代として1万円以上取られるので注意しましょう。

最近になってプロバイダだけを乗り換えたい人向けにルーターのSIMだけのサービスも提供開始されています。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

とはいっても、一つの端末を長年使用し続けていると、バッテリーの寿命が近づいてきていることもあるので、本体の端末を丸ごと交換してしまうのもありですね。

契約期間が定められている

今までの光回線や携帯電話の契約と同じように、WiMAXでも2年契約や3年契約など、契約期間の決まりがあります。

2年縛りや3年縛りの途中で解約すると違約金を取られてしまいます。その年数をたつと違約金なしで解約することができるという仕組みです。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

自分が契約したいと思っているプロバイダを選ぶのがいいのですが、契約期間が短いほど割高になってしまうので承知しておきましょう。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

短期契約において、WiMAXを最安料金で利用する方法を参考にしていただくか、短期利用であるならばそもそもとしてWiMAX以外の選択肢も考えられます。

ですが、数ヶ月しか使わないような場合でも高速で快適なインターネット環境を手に入れたい人はWiMAXが圧倒的にナンバーワンですね。

安定した快適なネットじゃなくてもいいというひとはクラウドSIMなどのWiMAX以外のモバイルルーターもあります。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

現在WiMAXのプロバイダーなど回線業者のプロバイダは最初の数ヶ月だけを安くして、雰囲気だけ安いかのような感じを醸し出す宣伝方式が採用されています。

なぜこうしたことが起きるのかというと、プロバイダー業者によるユーザー獲得争いが激化しているからなんです。

たとえばWiMAXのプロバイダーのカシモを見てみると、1ヶ月目が約1400円、2ヶ月目以降は約3600円となっています。

毎月の月額料金だけを見てプロバイダを選んでしまうとこういった、半額以上差があるということにもなってしまいかねません。

もっというと、プロバイダーというのは2年や3年の契約期間があるので、その期間分の支払合計を見てみる必要があるのです。

競合他社をすべて含めて本当の安さを比較しようと思ったら、契約期間の月額料金から、特典の割引サービスなどを引いた本当の月額料金を割り出さなければなりません。

各社のプロバイダの宣伝で使っている月額料金というのは最初の月だけである場合が多いので、そこだけ見てプロバイダーを選んでいるようでは損をしてしまいます。

当サイトでもここまで解説してきたように、毎月の料金と特典割引をすべて総合計した上での実質的な月額料金を割り出さなければ本当に最安のプロバイダーを見つけることはできません。

当サイトでは普通の月額料金からキャッシュバックや月額割引などの各種特典を差し引いた本当の月額料金で計算しています。

なので、当サイトで一番おすすめしているプロバイダーは本当にお得なプロバイダーだといえるでしょう。

確実に受け取れるキャッシュバックにしよう!

WiMAXのプロバイダーでは新規のお客様にはキャッシュバックを行っています。

キャッシュバックを用意しているWiMAXプロバイダーの口コミで、キャッシュバックの申請手続がめんどくさくて受け取れなかった…なんていうものもありますが、そういうのは一部の悪質なプロバイダーだけです。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

マイページにログインしてプロバイダーの画面からすぐにキャッシュバックキャンペーンの振り込み申請ができるなど簡単にできるようになりました。

最近主流だったキャッシュバックキャンペーンに打って変わって、月額料金を割引するようなプロバイダーが増えています。

キャッシュバック分を月額料金から値引きすることにより、お客様が申請手続をする必要すらなくなりますし、メリットだらけになります。

とはいうものの、キャッシュバック5万円!みたいに訴求することにより顧客獲得につながりやすいので、月額割引よりもキャッシュバックキャンペーンに力を入れているところもたくさんあります。

キャッシュバックを受け取った方が実質的な月額料金が安くなるパターンも多々あるので、そちらの方がいい場合もあります。

WiMAXを本契約する前に知るべきキャッシュバックの受け取り方法を解説しているので同時並行的にご覧ください。

なお、キャッシュバックの受け取り時期も短くなっています。

簡単に説明すると、今まではキャッシュバックを受け取るまでに半年や1年以上経過しないともらえなかったのですが、契約が完了してから2ヶ月後に振り込まれるようなプロバイダも増加傾向にあります。

こういう改善はユーザーも契約して時間がたっていないこともあるので、もらい忘れもなく申請がしやすいというメリットがあります。

上記みたいに、ユーザーの視点に立ってあらゆるサービスを向上してくれているプロバイダーも選べば見えてくるので、そういった健全なプロバイダーで契約すればメリットが盛りだくさんだと思います。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXのキャッシュバックや基本料金などから算出した、実質的に一番安いプロバイダーをランキングにしました。

ちなみに、プラン内容はギガ放題で算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

今までも解説してきたように、月額料金を計算した上で、キャンペーンなどの割引を計算して、本当に支払う月額料金を見分けることが肝要となっています。

ちなみに、1年契約よりも2年契約の方が総額は大きくなりますが、毎月の料金に換算してみると長期の2年や3年の方が安くなるので、総額が安ければいいというものでもありません。

とはいっても、短い期間しか使わないような人は、解約料がかからないように短めの契約期間で最初から契約しましょう。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部上場企業のビジョンという会社が営業しているWiMAXのプロバイダーです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件ありで解約金無料

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,日割りなしで初月は無料になる

4,事務手数料無料

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは毎月の月額を割引にしてくれたりキャッシュバックを手厚くしたりいろいろなキャンペーンを実施しています。

WiMAXの端末はもちろん無料で、ギガ放題プランも通常プランも実質的な月額料金が業界最安となっています。

なんとGMOとくとくBBは本契約をしても20日内であれば端末を返品して解約することもできます。

さらに、WiMAXの端末を即日発送してくれるというユーザビリティーの高さがあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,キャッシュバックか月額割引を選べる!

2,キャッシュバック金額は約3万円

3,値引きキャンペーンを適用するとギガ放題でなんと月2849円になる

4,20日以内ならキャンセルできる

5,端末を即日発送してくれる!

第3位 カシモ

WiMAXのプロバイダー「カシモ」は回線開通後の初月利用料が1380円で使えるのでおすすめです。

キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、2ヶ月目以降もギガ放題プランが3610円でずっと使い続けられます。

他には、端末であるモバイルルーターを即日発送してくれています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,WiMAXのギガ放題プランが初月1518円で利用可能

2,最初にかかる費用を抑えることができる

3,WiMAX端末を最短で発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

WiMAXのプロバイダー、DTIの利点としては2ヶ月間は無料で使えるのがいいですね。

初期費用を抑えたいという人にはメリットが大きいのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEはなんと1年という短期間の契約期間がもうけられているWiMAXで唯一のプロバイダーです。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXを契約してから利用開始までの流れ

WiMAXの申し込みから回線が開通するまでの流れは、どこのプロバイダーで契約したとしても同じ流れとなっています。

1,WiMAXの契約したいプロバイダーのサイトで申し込みボタンを押す

2,通常プランを選ぶか、ギガ放題プランを選ぶか選択する

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,次の画面で個人情報を入力します。名前、住所、電話番号など。

5,次に支払い方法を選択しましょう。クレジットカード番号など。

6,いろいろな情報を入力完了したら、3日程度でプロバイダから端末が届きます。

要約すると上記のようなステップとなっており、10日もかからずにネット環境を手に入れられるのはWiMAXしかないでしょう。

開通工事なんて不要で、1週間もかからずにネット環境を手に入れられるという利点はWiMAXにしかありませんし、なにものにも代えがたいものだといっても過言ではありません。

他には、UQスポットの店舗で契約することにより、その日のうちにWiMAXを使うことだってできてしまいます。

家電量販店でWiMAXを契約すると損する理由

家電量販店でWiMAXを契約するのは、ネット上でお客さんを集めているプロバイダーと比べて圧倒的に損してしまうのでやめておきましょう。

家電量販店で申し込みをしてもキャッシュバックなどはほとんどなく、あえてそこで契約する必要もないかと思います。

人気の得するプロバイダーと家電量販店の実質月額料金の比較表を見てみると圧倒的に違うのがわかると思います。

サイト上部でも解説してきたように、どのプロバイダーでWiMAXを契約したとしても回戦の性能自体に違いはないので、できる限りやすい月額になるようなプロバイダーを選択するべきです。

家電量販店から申し込んだとしても、特有のメリットなどはほぼありません。

WiMAXが発売された当時は家電量販店でWiMAXを契約することにより、そのお店の商品券がもらえていたりするキャンペーンもありました。

ですが、現時点ではこういった特典はほとんどなくなってしまい、家電量販店でWiMAXの契約をする利点というものはほとんどなくなっています。

さらに、仮にWiMAXを家電量販店で契約したとしても、サービス性能や月額プランなどはUQ本家と全く同じ内容になってしまうので、キャッシュバック以外でも損することになってしまいます。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

とあるサイトなどでは家電量販店で回線サービスを契約すると対面でいろいろ教えてもらえるから安心感が違うなんて説明をしているところもありますが、実は電器屋さんの店員で海鮮に詳しい人なんて一握りしかいないのです。

こういう家電量販店の店員というのは型にはまった知識やトークしかできないので、たとえばWiMAXの説明をしてもらったとしてもどこまで正解しているのかわからないのであらためて自分で客観的なデータを調べてみることも大切です。

UQモバイルの店舗でWiMAXを契約するのはおすすめできません

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

UQスポットではWiMAXの契約をすることもできるので、家電量販店みたいに対面でいろいろな解説をしてもらえます。

ですが、UQの実店舗での契約も家電量販店と同じくあまりおすすめできるものではありません。

UQ店舗の店員がいろいろな解説をしてくれるというメリットはありますが、月額料金が特別安くなるなんていうメリットはありません。

そもそもUQ自体がプロバイダーとして優秀ではないため、おすすめできません。

WiMAXの一番実質月額料金が安くなるプロバイダーと比較してみると3年間で3万円以上も差があるので、プロバイダーが違うという些細な違いでこれだけ雲泥の差が生まれてしまうのです。

UQのお店のメリットは一応あります

UQの店舗でWiMAXを契約した場合は、WiMAXの端末がお店においてあれば即日持ち帰って使うことができます。

端末さえあればいくらでもインターネット接続ができるので、早さを最優先している人はUQスポットで契約してみるのもいいでしょう。

しかし、上記で解説してきたように、UQモバイルの実店舗というのはキャンペーンなどもやってないのでおすすめしません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

キャッシュバックの受取手順について

少数のプロバイダーで行われている、キャッシュバックキャンペーンは基本的に自分で受け取り申請をしなければなりません。

一般的にはキャッシュバックを受け取るためには継続的な回線の利用が前提条件なので、あらかじめ決められた利用期間が過ぎたタイミングで会員ページなどからキャッシュバックの振り込み申請をすることができるようになります。

プロバイダーからキャッシュバックを受け取るためには、会員ページから口座番号などを入力して振り込んでもらう形となっています。

プロバイダーの継続利用期間がすぎて、キャッシュバックの申請がとれるようになったら案内が来るのですが、それを見逃さないようにスマホのカレンダーか何かにメモしておきましょう。

ギガ放題プランの3日で10GBの速度制限について

ここではWiMAXの3日で10Gというデータ通信量の制限について解説していきたいと思います。

そもそもWiMAXの通信速度制限というのは、3日間で10GBを超えてしまった次の日から24時間かかるのではなくて、利用者が多くなる夕方から深夜2時までの時間帯だけとなっています。

さらにいってしまうと、通信制限がかかった状態でも1Mbpsも速度がでているので、軽いネットサーフィンなら余裕でできてしまいます。

なお、ギガ放題プランの通信制限である3日で10GBの、10GBとはどれくらいのサイズは理解していますでしょうか。

youtubeの5分くらいの動画を一般的な画質の720Pで視聴すると約50時間くらいになります。

たとえばyoutubeによくある5分くらいの動画を回数で計算してみると500回以上は見られる計算になります。

ですが、最近のyoutube動画は5分区切りのものはあまりなく、10分くらいのものが多くなってきています。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

なお、5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題よりも5GBもアップしています。

WiMAXを契約してみたいけど通信制限は10GBいくかいかないかという人は、5Gのエリアに居住していなくても15GBで使えるようになるので、WiMAX+5Gで契約してみるのもありかもしれませんね。

実際は通信制限なしで使える!

ギガ放題プランは3日間で10GBの通信データ量の制限があると解説してきましたが、月間で換算してみると100GBくらいにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これは一見すると月間100GBしか使えないようにも思えますが、実は何GBでも使えるのです。制限がかかるのは夜の時間帯だけなので、日中は大げさに言ってしまうと1000GBの通信だってできてしまうのです。

上記のようなメカニズムなので、やろうと思えばいくらでもできてしまうのです。

WiMAXの制限がかかってしまったら、自宅の回線を使って回避してみたりすれば、いくらでも使い勝手が広がります。

そもそもWiMAXの通信制限がかかったとしても、1Mbpsもありますから、メールのやりとりやテキストサイトなどは余裕でスマートに閲覧することができます。

とはいっても、何ヶ月も何百ギガバイトも通信をしているとWiMAXの回線元であるUQに目をつけられてしまうこともありますので、何GBでも使えるからといってやり過ぎないようにしましょう。

WiMAXにつけられるオプションとは

自分の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみてもいいと思いますが、ネットになれているのであれば下記のようなオプションは不要だと思います。

ですが、初心者のサポートや端末保証はつけておいた方がおすすめです。

下記の表にはUQで申し込めるようになっていますが、プロバイダーでの契約もできます。

回線業者のオプションにはいろいろなものがありますが、セキュリティなどのオプションと、エンタメ系のオプションとの2つの系統があります。

回線サービスのオプションは直感で決めるのがいいと思います。あれもこれもいるかないらないかなとやっていては余計なオプションに入りすぎてしまって月額が高くなってしまいます。

WiMAXとauは相性が抜群!

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線サービスを提供しているので、どこのプロバイダーから契約したとしても条件を満たすことができればauのスマホの月額料金が安くなります。

以下に解説していきたいと思っているのは、auスマートバリューと呼ばれるものです。

ウルトラギガマックス割引というサービスは、UQモバイルのスマホとWiMAX2の同時契約により月額料金が500円やすくなります。

この月額割引が適用されるのは、UQモバイル側のスマホです。

auのスマホを契約しているのであれば、必ず契約しておいた方がいいスマートバリューというものがあります。

auのスマホを持っている人は永続的に月額料金が割引されるサービスとなっています。

auスマートバリューと呼ばれる割引サービスは、現在auのスマホを使っている人が、GMOとくとくBBをセットで申し込むと、毎月1000円も割引が適用されます。

最大で1000円の月額料金の割引となっていますが、現在auで契約しているプランによって違いがあります。

現時点でauのスマホを持っている人はとくにおすすめの割引サービスです。

WiMAXの解約はタイミングによって変わる

WiMAXで契約できる年数というのは1年から3年までありますが、これはプロバイダーによって違います。

WiMAXは解約期間を過ぎたらいつでも解約料がかからないのではなくて、決まった月のみが解約料が無料になる仕組みになっているので、自分の解約が無料になるタイミングがいつになるか把握しておきましょう。

下記の表は契約開始を1ヶ月目としたときに途中で解約したときの解約料となります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの方法について

各社プロバイダーによってWiMAXの解約方法は違いがありますが、ほぼすべての場合で次のようなパターンになります。

プロバイダーのマイページからの解約手続きか、プロバイダーに電話をかけての解約手続き

プロバイダーはほとんどどこの会社でも解約をするときに他のプランを案内されます。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

WiMAXは最近流行りのテレワークに使えるか?

ズームやスカイプなどを使ったオンライン会議は自分の家から使っている利用者が増えてきています。

在宅勤務からの会議だけではなくカフェやネットカフェや駅に設置されている一人用の作業個室などから仕事をしている人も急増しているので、WiMAXなどの無線接続が取りざたされています。

カフェやフリースポットでWi-Fiが使えますが、ハッキングされる可能性もありますし、そのWi-Fiの脆弱性があったりします。

WiMAXなら誰かの回線を間借りしているわけではなくて、自分のみが接続できる安心なインターネット環境なので、セキュリティ面からWiMAXを検討している人も増えてきています。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

以上のようないろいろな要素がありますが、WiMAXを使ったらこれらの問題についてクリアできるかどうかについて解説していきましょう。

WiMAXはそもそもモバイル回線の中で基地局が圧倒的に多くありますので、ある程度の市町村なら安定した接続もできますし、ビジネス利用も使いやすいと思います。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXを使うときは、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかをチェックしてからレンタルをして見てもいいかもしれません。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

なんといってもWiMAXの制限は夕方からの通信制限なので、昼の時間帯のオンライン会議などは制限がかからないと思います。そもそも3日で10GBを使うことなんてほぼないでしょう。

ズーム会議などをやるときも解像度や画角などを小さくしておけば、通信量の増大を抑えることができます。

オンライン会議以外の場面でもあらゆる活用方法があります。

短大生や専門学生や4年生の大学生の人は、オンライン授業をWiMAXで受けることも可能です。

東進などのオンライン授業を取り入れている学習塾などでWiMAXを使うときも、喫茶店などで外出先から利用することができます。

他には、引っ越したばかりで光回線などが使えないときでもWiMAXなら、引っ越したその日からインターネットが快適に利用可能です。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

2020年にWX06という機種が発表されたものの、通信速度に若干の変更があっただけで、ほとんどはW06と変わりません。

モバイル端末を選ぶ時に最も重視するべきなのは下り速度なので、W06の方がいいと思います。

今一番おすすめの優秀な端末のW06の最高下り速度は1Gbpsくらいですが、これはUSB-cで接続した場合の最高速度なので、普通のUSBだったら半分の500Mbpsくらいですが、それでも圧倒的な高速だと思います。

ですが、WX06よりもW06の方が回線スピードが速いので、スピード重視の人ならW06の方がおすすめです。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXは上記のようなモバイル端末の他にも据え置き型のホームルーターを選ぶことができます。

自宅に高速通信が可能な快適なインターネット環境を導入したいという人で、光回線の工事がめんどうだしお金がかかるからやりたくないという人は、WiMAXのホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

さらに、アンテナがモバイルルーターより大きいものが付いているので接続環境が抜群によくなっています。

普通はモバイル端末というものは自分の身近に持っておいて、いつでも接続できるようにしておきますが、ホーム端末は部屋のどこかに置いておいて、それを経由してインターネットに接続します。

なので、手元のタブレットやノートPCなどの端末から離れていても接続環境が保たれやすいようになっているというわけです。

現在一番おすすめのホームルーターの端末はHOME02でしょう。

機能面だけではなくて、デザイン面もスタイリッシュでとてもコスパが優れているといえるでしょう。

ホームルーターかモバイルか迷っている人は多いのではないでしょうか?

結局のところ、ホームルーターとモバイルルーターはどちらを手に入れるべきなのかを解説していきたいと思います。

機能性やコスパなどについてどういう場面で使えばどちらの方が優れているのか解説していきたいと思います。

モバイルルーターのメリットはなんといっても、外でもどこでも高速WiMAX通信が可能になるということですね。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

いろいろなメリットをあげ連ねてきましたが、簡潔に言うとモバイルルーターの方が持ち運びができるのでおすすめです。

ホームルーターは外で利用することができませんが、モバイルルーターはもちろん外での利用もできますし、家の中でもクレードルを使うことにより据え置きタイプのように使えます。

モバイルルーターでも充電しながらクレードルを使って据え置き型として使うことにより、ホームルーターとしての役割を満たすことができるのです。

LTEのネットワークを利用しよう

WiMAXにおいて、LTEオプションはauの4Gネットワークを利用する、ハイスピード+エリアモードによる接続となっています。

WiMAXのアンテナが弱くて、auのネットワークが使える仕組みとなっています。

土台として、WiMAXの電波とスマホの電波の接続技術などは違うのですが、auのLTEならWiMAXとつながりやすいという点があります。

auのLTEは800Mhzの電波が使われているので、地方なども含めて回線がつながりやすくて安定しやすいネットワークとなっています。

3年契約のWiMAXなら、すべてのプロバイダーで毎月1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

ですが、注意点としてLTEの7GBの通信量制限にかかった場合は、WiMAXの通信制限もかかるので注意が必要です。

カタログ速度ではなくて実測値の回線速度

WiMAXをこれから使おうと思っている人は、WiMAXがどれくらいのリアルなスピードがでるかを気にしている人は多いのではないでしょうか。

サイト上ではいろいろなデータを公開していますが、いざ自分が使ったときのリアルな数値がしりたいですよね。

そもそもWiMAXの理論値としては以下のような数値になっています。

上記の理論値はあくまでも理論値なのですが、WiMAXユーザーの私の環境でいうと、平均的に50Mbpsくらいはほぼ確実に出ております。

WiMAXの回線速度は使っている環境や、時間帯やすんでいる地域などによってまちまちです。

とはいっても、WiMAXは利用者が桁違いに多いので、基地局もどんどん増えてきて、回線速度はもちろんのこと安定性も右肩上がりで伸び続けています。

WiMAXと光回線は永遠のライバル

WiMAXか光回線かどちらが優れているかは自分の目的によると思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

家の固定回線と無線のWiMAXではいろいろな点で違っていますが、ネットを使うという意味ではどの回線だったとしても全く同じです。

自分の目的に合わせた環境を手に入れるのが一番メリットが多いと思います。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXは世界の標準規格になっている通信技術なんです。

WiMAXは無線でのブロードバンドを提供するために規格かされたものです。

そもそもとしてWiMAXは基地局からのラストワンマイルと呼ばれる地域への無線での提供を考えたものだったのです。

WiMAXは日本でしか流行していないと思われていますが、昔はそうでもなかったのです。

もともとは世界のフォーラムで発表しているようなこともありましたが、次第に日本の独自技術として発展を遂げてきました。

ちなみに、日本以外の国で使うにはWiMAXの機能が搭載されたノートパソコンなどでしか使うことができません。

WiMAXは競合とどう違うのか?

WiMAXと似たようなサービスのワイモバイルとクラウドWi-Fiについて解説しています。

一番最初にチェックするべきポイントとしては、回線スピードと制限量になります。

WiMAXとワイモバイルはさほど変わらない内容のサービスとなっていて、クラウドWi-Fiは用途によっては使い勝手がいいといえます。

WiMAXやワイモバイルは、動画やゲームなども利用できる接続サービスとなっています。

一方で、クラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、簡単な使い方をしたい人向けとなっています。

オンデマンドのハイビジョン映画やゲームなどを楽しみたい人は、クラウドWi-Fiはおすすめできませんね。

クラウドWi-Fiがサービスを開始して間もないので、通信速度が不安定で、ネットワーク障害などが頻発しやすいともいわれています。

手持ちのスマホでデザリング接続するかWiMAXを使うかどっちがいい?

WiMAXをわざわざ契約しなくても、手持ちのスマホでネットにつなげばいいんじゃないかと思っている人もいるかと思います。

デザリングではなく、WiMAXからネットに接続する大きなメリットはなんなのでしょうか。

デザリングという機能は、スマホを経由して、携帯電話のネットワークを使ってインターネットに接続する方式です。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

WiMAXでインターネット環境を手に入れるのと、スマホでネットに接続するのは、機能的には全く同じとなっています。

WiMAXの方がデザリングより優れている!

スマホ経由でネットに接続するよりも、WiMAXでネットに接続した方がいい理由としては以下のようなものがあります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 スマホはバッテリーなどの観点から使い勝手が悪い。

ポイント3 デザリングをすると費用がかさんでしまうことがある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

スマホの通信量を下げたいときは、WiMAXに接続してしまうという手もあります。

そもそもデザリングはスマホのおまけのような機能なので、どうしても必要という緊急時のみの使用方法にした方がいいでしょう。

WiMAXでも5G接続ができるようになりました

2021年からWiMAX+5Gが開始されて、それにともなってだんだんプロバイダーが増えていっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

WiMAX+5Gの理論値のダウンロードスピードは、WiMAX2+の倍となっています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gの料金について

WiMAX+5Gの料金プランとしては、UQにおいては2年契約で、最初の割引サービスをつけると、月額約4300円くらいで使えるようになっています。

WiMAX+5Gで進化しているのにもかかわらずWiMAX2とほとんど同じような値段で使えるのが出始めたばかりのメリットだといえるでしょう。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAX+5Gのモバイルルーター

WiMAXの5Gでは、WiMAX2にはない専用の端末が用意されています。

現在の5Gの端末はホームとモバイルで1つずつ用意されています。

まだ5Gのサービスが出始めたばかりですが、これから端末が続々と増えていくと思われます。

WiMAX+5Gのサムスン製の端末としては大きさや重さはほとんど変わりません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

5Gは3日で15GBに設定されている

WiMAX2+の通信量制限としては3日間で10GBというものがありますが、月間での制限はありません。

WiMAX+5Gでは今まで通り、毎月の制限というものは存在しません。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

3日間で15GBの制限を超えた場合も、18時から夜中の2時までの適用となっています。

昼の時間帯などには制限がかからないので、在宅勤務でのオンライン会議などには最適なツールだと思います。

WiMAX+5Gの回線速度はどれくらい速いのか?

WiMAX+5Gのダウンロード理論値は、最大で2.7Gbpsとなっていますが、WiMAX2より相当早いスピードです。

WiMAX2のモバイル端末のW06は最大で1.2Gbpsとなっていますが、これは最大値です。

通常の接続方法でモバイル端末を接続すると約800Mbpsくらい、WX06だと約450Mbpsくらいになるので、5Gの速度がいかに早いかがわかります。

既存のWiMAXと5GのWiMAXでは何が違うのでしょうか

WiMAX+5Gと現行のWiMAX2ではどこがどう違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

WiMAX2の理論値は1Gbpsくらいですが、5Gの理論値は2Gbps以上あります。

料金プランはUQではほぼ同じ価格となっていますが、モバイルルーターの料金が5千円くらいアップしているので、実際はその料金分だけ高くなるという計算になります。

5Gバージョンの月額料金も比較してみました!

WiMAXの大本のUQ以外のプロバイダーのWiMAX+5Gのサービス提供具合は、まだまだこれからという感じですね。

各社プロバイダーの料金などを一覧表にまとめましたので是非ご覧ください。

UQと同一くらいのプランで提供しているところに、ヤマダ電機やヨドバシカメラやビックカメラなどがあります。

次の表は、表面上の毎月の支払額だけではなく、割引などを使ったあとの、実質的な金額を表示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gで一番得するところとは?

WiMAX+5Gを提供しているところは現状まだ少ないですが、以下のようなランキングになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはキャンペーンなどを駆使すると実質的な月額料金が業界最高峰にお得になります!

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

ちなみに、UQや家電量販店でWiMAX+5Gを契約すると端末代金が高くなりますね。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXは接続できるかどうかを確かめるお試しプランがある

トライWiMAXは賄MAXを本契約する前に、約2週間くらい無料でレンタルできるお試しサービスになります。

WiMAXの契約年数はほとんどプロバイダーで2年か3年となっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,WiMAXの圏内に入っているけど密接した住宅地帯だからつながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンからの利用だけではなくて、ゲーム機や家電などにも接続可能かどうかを確かめたい

GMOとくとくBBでもトライWiMAXみたいな機能を果たすことができます。

GMOとくとくBBでは、約3週間以内なら返品可能なので、満足な通信ができなかったという場合は返品することができます。

GMOとくとくBBなら安定的な通信が確保できたらそのまま継続的に使用できるので便利ですね。

WiMAXは法人契約も用意されている

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

一つ目の違いは契約方法が違います。2つめは契約にかかるキャンペーンの内容、3つめは支払い方法です。

まず最初に契約の流れは、ほぼすべてのプロバイダーで次のような流れで契約が進みます。見積もりからの契約です。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

さらには、個人と法人では窓口が違うので、法人向けの窓口から見積もり依頼を出すことになります。

申し込みが終わったら、契約をして支払をします。モバイル端末を発送してもらう時期などはほとんど同じです。

法人契約で月額割引キャンペーンが用意されている

法人での契約をするときのWiMAXのキャンペーンはプロバイダー各社によって違いがあります。

GMOとくとくBBの場合だったら、キャッシュバックでのキャンペーンはありません。

キャッシュバックキャンペーンが用意されていない代わりに、法人専用の月額割引が用意されているので、安く契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

次に法人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっていますが、法人はいくつかのパターンが用意されています。

法人での支払い方法は、口座振替や請求書払いなどの支払い方法から選ぶことができます。

WiMAXの総評

WiMAXについて当サイトでは、選び方から料金プランから、あらゆるメリットデメリットについて検証してきました。

ここまでサイトを見ていただいて、WiMAXをどうやって選べば理解していただけたかと思います。

最後に総まとめとして、当サイトで一番おすすめのプロバイダーを紹介しておきます。

おすすめ第1位はなんといっても「VISION」

数あるプロバイダーの中でも最強にお得なのが「VISION」です!

なぜVISIONがここまでおすすめなのかは次のようになります。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最先端の端末が最安か無料で利用できる!

4,他社からの乗り換えキャンペーンが豊富

特徴

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 端末が届いた月の端数が無料

ポイント3 解約金が無料!

[487行目]

[488行目]